■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
 新「観世能楽堂」 と 特別公演

 新しい「観世能楽堂」が、2017年 (平成29年) 4月20日、東京銀座旧松坂屋跡地
 に建てられた「GINZA SIX」の地下3階に開場した。
 2年前に閉場の、渋谷・松濤の旧能舞台をそのまま移築したもので、見所は縦長で
 脇正面席が極端に少なく、中正面席はやや変形の扇形、正面席が後方まで長く続く。
 音響効果は定かではないが、能舞台・見所などの雰囲気は悪くない。だが、ロビー・
 休憩所が広くないのが不満だ。 
 開場記念公演が続く中、5日目の若手特別公演を鑑賞した。

  観世能楽堂開場記念「若手特別公演」 観世能楽堂 
    4月24日(月) 開演19時30分〜終演21時20分  満 席

  「 乱 」小書:置壺・双之舞
    シテ/猩々  坂口貴信 ・ 林 宗一郎
     ワキ/高風 舘田善博
     大鼓/原岡一之・小鼓/鶼澤洋太郎・笛/松田弘之・太鼓/小寺真佐人
     地頭/武田友志・副地頭/角 幸二郎

   正先に大酒壺を置き、貴信・宗一郎の両シテで演じた。海底に住む猩々が、酒
   を飲み舞戯れる祝言能。赤頭・赤い童顔の専用面・赤地金糸模様の装束という
   赤づくめの姿態。
   流れ足・抜き足・蹴上げ足などを多用、水上を戯れ遊ぶ態を見せる。両シテは
   見事に息が合って、祝言能に相応しい、楽しくも美しい舞を見せた。
                               上演時間:40分

  「石 橋」小書:大獅子(半 能)
    シテ/白獅子  上田公威
     シテツレ/赤獅子 坂井音雅・武田宗典・関根祥丸
     ワキ/寂昭法師 野口能弘
     大鼓/柿原弘和・小鼓/幸 正昭・笛/一噌隆之・太鼓/林 雄一郎

   舞台正面先に、赤・白牡丹の一畳台二基を並べる。霊獣獅子が四頭(白頭 =
   親獅子・赤頭 =子獅子三頭)が現れ、牡丹に戯れ遊ぶ豪壮な祝言能。
   勢揃いした獅子四頭が、舞台狭しと華麗で豪華な舞を見せた。ただ、公威の
   面ヒモが緩んで面が下にヅレたのか、動きが些か不安定だったのが惜しまれる。
                               上演時間:20分



観能記 | 09:40:43

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。