■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
 第四十五回 「桃々会」

 関根祥人七回忌追善能:第四十五回「桃々会」  宝生能楽堂
          平成28年5月4日 (水・祝) 雨のち晴  開演 午後2時〜 終演6時

  能 :「松 風」・半能 :「 融 」  狂 言:「二千石」  他 連吟1番・仕舞8番
   見 所:満 員 (480)

 閑祥会・関根祥六 主催、祥の会 後援、観世宗家 補佐の「桃々会」公演で、平成22年6月4日
 50歳で逝去された 関根祥人師 (祥六師 子息・祥丸師 父) の追善能である。


「松 風」 小 書:見 留
  シテ/海女 松風    観世清和
   ツレ/海女 村雨 関根祥丸
   ワキ/旅の僧 福王茂十郎  アイ/須磨の浦の住人 山本泰太郎
   囃子方/笛 一噌庸二・小鼓 観世新九郎・大鼓 柿原崇志
   地謡/地頭 角 寛次朗 副地頭 岡 久広
      山階彌右衛門・中島志津夫・藤波重彦・清水義也・坂口貴信・井上裕之真
   後見/主 木月孚行 副 観世芳伸

   典拠:古今和歌集(在原行平和歌)・源氏物語(須磨の巻)など 能柄:三番目本鬘物
   季節:秋 作者:世阿弥改作

  「熊野・松風に米の飯」と言われるように、名曲であり人気曲である。海女 松風が主役だ
  が、妹役 海女 村雨も重い役。宗家と若い内弟子との共演で、いやが上にも見所は昂る。

  家元 観世清和は、昭和34年5月生れの57歳、技量・力量ともに優れ あぶらの乗りつつ
  あるシテ役者。内弟子 関根祥丸は、平成5年5月生れの弱冠23歳、今春芸大を首席で卒
  業した。資質にも恵まれ、近時進境が著しい。

  前段、汐汲み女の出立ちで 松風・村雨が登場。清和の貫禄ある謡、祥丸の歯切れのよい
  謡が素晴らしい。更に、二人の連吟が場面を盛り上げた。月光の下、汐汲みの所作が美し
  かった。

  中段、松風・村雨とワキ旅僧 福王茂十郎との問答。茂十郎の、深みのある落ちついた謡と
  態度が光った。また、シテとツレの連吟も、祥丸の師に気後れしない謡が気持よかった。
  物着では、後見二人が烏帽子・長絹を着ける。装束の着替えが、ひとつの見せ場となった。

  後段、松風は、狂乱状態となって「中之舞」を舞う。そして、「破之舞」。小書 見留に
  より、松を見込み松の前を廻る型となる。清和の、シテの情感を載せた舞が切なかった。
  師弟コンビの名舞台、泉下の 祥人師も さぞお喜びであろう。
                               上演時間:100分


「 融 」(半 能)
  シテ/融の大臣の亡霊    関根祥丸
   ワキ/旅の僧 殿田謙吉
   囃子方/笛 寺井宏明・小鼓 亀井俊一・大鼓 大倉栄太郎・太鼓 観世元伯
   地謡/地頭 関根知孝 副地頭 武田尚浩
      津田和忠・藤波重孝・岡庭祥大・角 幸二郎・木月宣行・高梨万里
   後見/主 寺井 栄 副 上田公威

   典拠:古今和歌集・今昔物語 (融大臣の説話) 能柄:五番目貴人物 季節:秋
   作者:世阿弥

  半能は、前場を省略し後場の僧の名乗りから始まる。融大臣の「早舞」が、眼目となる。

  祥丸の、月の都に居わす父に捧げる舞である。若々しい貴公子姿の 祥丸、月光下 気品
  高い雰囲気が舞台を包む。

  祥丸が、伸びやかでゆったりとして楽し気な舞を見せてくれた。23歳、この若さで際立
  つ謡と舞の上手さ。将来、能楽界を背負って立つ逸材である。
                               上演時間:30分




観能記 | 14:37:26

FC2Ad