■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観能10年10カ月から

  (その12)
 
 武田文志の「紅葉狩」

  武田文志 (昭和52年生れ 37才) は、観世流の実力者 武田志房の次男で、兄に 友志 (長男 章志は子方)、
  従兄弟に 武田宗典、義兄に太鼓の 小寺真佐人がいる。また、武田宗和 (宗典の父) は伯父、武田尚浩
  (長男 祥照・次男 崇史)も縁戚関係にある。

  文志・宗典らが中心となって、平成20年12月に「七拾七年会」を立ち上げた。メンバーは6人で、他
  に、太鼓の 真佐人・大鼓の 原岡一之・小鼓の 住駒充彦・狂言の 山本則重らがいる。何れも生れが、
  1977年 (昭和52年) 前後の同年代。活動七年目の今年1月、第九回特別公演を開催し盛況であった。

  文志は生来能楽師としての資質に恵まれ、将来を嘱望された若手だが、平成25年10月白血病を発症し
  入院した。しかし、短期間の闘病で復帰、現在は万全だとは言えないが、舞台に積極的に出演してい
  る。

  平成18年8月26日 第二十回「花影会」、文志 28才の時の「紅葉狩」の舞台である。


   シテ:武田文志  ツレ:武田宗典・坂口貴信・坂井音隆
   ワキ:大日方 寛  アイ:山本則秀・山本則重
   笛:竹市 学 小鼓:観世新九郎 大鼓:亀井広忠 太鼓:小寺真佐人
   地頭:岡 久広  主後見:武田尚浩

  舞台上に、次代を背負う俊英達が勢揃いした。シテ 文志は勿論、ツレの 宗典 (27才)・貴信 (29才)・
  音隆 (30才)、ワキ 寛 (38才)、アイ 則秀 (26才)・則重 (28才)、笛 学 (34才)・小鼓 新九郎 (41才)・
  大鼓 広忠 (32才)・真佐人 (28才) ら、そうそうたる顔ぶれである。

  きびきびとした舞台展開で、観ている方も気分爽快である。威勢が良過ぎて、上滑りは戒めるべきだ
  が、こんな能があってもよい。色仕掛けで維茂を籠絡させる、文志の艶かしさは尋常ではない。
                              (平成18年8月27日 記)





10年10カ月 | 17:20:44

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。