■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観能10年10カ月から

   (その9)

  佐野 萌の「羽 衣」

   この曲は、能の代表的な曲で且つ人気曲、上演頻度も極めて高い。私の観能暦10年10カ月で、
   37回観てきた。宝生流の長老 佐野 萌 (故人 平成21年逝去 享年81) が、平成20年2月10日
   「宝生会月並能」で舞った「羽衣」が印象深い。



    シテ:佐野 萌  ワキ:野口敦弘 ツレ:野口能弘・野口琢弘
    笛:一噌仙幸 小鼓:曽和正博 大鼓:安福建雄 太鼓:金春惣右衛門
    地頭:三川 泉 主後見:渡邊荀之助

   これまで、「羽衣」を11回観てきたが〈これぞ「羽衣」〉と言う舞台に、お目にかかった
   ことがない。だが、今日の 萌の舞台を観て大いに満足した。

   現在の宝生流は、英照宗家が平成18年に実質引退 (註:平成22年4月1日逝去 享年52) して、
   長老と言われる、三川 泉 (人間国宝・86)、今井泰男 (87)、近藤乾之助 (80)、佐野 萌 (80)
   らが引張ってきた。

   私自身、萌の舞台はあまり回数観てないが、17年9月に観た老女物の「姨捨」が強く印象に
   残る。自然体で演じる、巧い役者だなあと思った。
   
   小書に盤渉が付いて、「太鼓盤渉序之舞」が演じられた。大きな袖を羽のように広げ、大空
   で羽ばたく鳥のように軽々と舞った。その天女の出立は、黒地紅入縫箔腰巻に薄黄色の舞衣、
   月輪の天冠を着け、面は宝生名物「泣増」を掛ける。舞台に映えて、実に美しい。

   囃子方は超一流の面々、地謡は地頭 泉始め実力者ばかりで構成。ワキ 敦弘の弱さが懸念され
   たが結果は吉と出て、シテを盛り立て勢いつかせた。全体に、調和の取れた好舞台であった。

                            (平成20年2月13日 記)





10年10カ月 | 09:08:49

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。