■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観能10年10カ月から

 6. 関根祥人師逝去 の衝撃

   〈平成22年6月22日午後11時52分 急性大動脈解離で急逝 享年50〉 祥人師の突然の訃報に
   大きなショックを受けた。私はこの時、米国ミシガン州のアンアーバー(娘一家のところ)に
   居た。6月27日、偶々 KANZEnetの記事「『花祥会』が主催者の都合で中止」を見て、何と
   なく悪い予感がした。急いで新聞社の訃報欄を見て仰天、事実を知った。


    如何にもお若い、観世流宗家筋の中堅実力派で、私の最も好きな能役者であった。師の
    シテ舞台を初めて観たのは、16年8月12日の「雲雀山」。爾来、28回の舞台を観てき
    た。最後の舞台は、今年5月1日の「松風」。どの舞台も、師の全力投球の姿勢が感じ
    られ好感がもてた。特に印象深い舞台は、21年7月18日の「道成寺」と、22年3月
    14日の「求塚」である。
    父君 関根祥六師、愛息 祥丸君、そして奥様始めご親族の皆様方の無念を思うと心が痛
    む。近時、能楽師の方の訃報が続くように思う。健康管理は個々人の責任とは言え、
    能楽協会でも、会員に対し十分な注意を喚起するよう望みたい。
    返す返すも残念至極、心からご冥福をお祈りしたい。合掌
                    (平成22年6月27日 記/米国ミシガン州)



   「 祥 」 追悼 関根祥人師  後援会「祥の会」 (23年10月1日 発行)

   「いつまでも 君と共に」    二十六世観世宗家 観世清和
 
    昨年七月三日に君を送ってから、間もなく一年になります。まさか私が君の葬儀委員長
    を務めようとは思いもよらず、突然の訃報に接した衝撃はいつまでも私の胸に重く残っ
    て、あの暑い一日も、冷静になれと、何度も自分にいい聞かせながら過ごしました。

    同じ年に生れ、小学校以来学窓を共にし、また、観世宗家の内弟子として稽古の場も共
    にした君との思い出は尽きません。何ごとにもまっすぐに、精魂込めて取り組む君の姿
    勢に、私はいつも刺激を受け、君に負けてはいけないと、己を鼓舞することもありまし
    た。もっと君の舞台を見たかったし、もっと能について語り合いたかったと思います。
 
    七月三日、祥六さんは深い悲しみの中で「祥人は何ごとにも一生懸命に取り組み、一生
    懸命に生きた。そういう子であった」と振り返られました。

    本当にそうでした。君はいつも全力で舞台を勤めました。中でも私の記憶には「卒都婆
    小町」と「求塚」が強く残っています。きれいに肩の力が抜けて、いよいよ新たな境地
    に進もうとしている君がいました。

    もう舞台の上に君の姿を見ることができないのは本当に残念ですが、君との出会いを、
    その数々の舞台の思い出を、私はいつまでも忘れることはありません。
    祥人君、本当にありがとう。私はいつまでも君と共にいます。



   「祥の会」会員 寄稿

    「雲雀山」と「雷電」と「野宮」と    及部和良

     平成16年8月、観世能楽堂で荒磯能を観た。この日の「雲雀山」が、祥人師の
     シテ舞台初鑑賞であった。カケリ・クルイ・クセ・中之舞、シテが狂乱の態で
     舞うこの場面に見入った。師は45歳、その日の感想文には「次代を背負うホー
     プ」と書いた。
     翌年5月、師の「雷電」を観た。「抜群の身体能力と、圧倒的声量は驚嘆の一
     語」と書いた。この事が 祥人師に伝わり、「肝心の頭は空っぽということかな」
     と、苦笑していたと聞く。
     その年の9月「野宮」を観て、〈豊かな資質に加え高い技量・力量を備えた、
     スケールの大きな能役者〉だと覚り、すっかり 祥人ファンになった。
     爾来、シテ舞台を28回観てきたが、何れも誠心誠意の舞台に深い感銘を受けた。
     特に、19年4月の「熊野」、21年1月の「采女」、同年4月の「隅田川」、
     7月の「道成寺」、22年3月の「求塚」などが印象深い。
     最後の舞台は、22年5月1日、こしがや能を見る会 の「松風」であった。
     私がここまで、能の魅力に嵌まり観続けているのも、祥人師の存在が大きかっ
     たと思う。一年を過ぎようとしている今も、名手『関根祥人の死』を受け入れ
     られない自分に気がつく。
                          (平成23年6月1日 記)



10年10カ月 | 09:18:56

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。