■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観能10年10カ月から

    4. 三老女物

       (その1-4)

        観世銕之丞の「姨 捨」

      観世流銕仙会の当主 観世銕之丞 (55歳) が、老女物の大曲「姨捨」に挑んだ。
      上演時間150分、実に見応えのある立派な舞台であった。
      前シテの里の女は、中年の女性 (面は曲見) で、色無し唐織着流しの地味な出立ち。
      銕之丞の何時もの吠えるような声が影を潜め、柔らかみと芯のある謡いが心地よく
      響く。揺らぎのない上体は、滑るような美しいハコビを生み出す。
      後シテ老女の霊は、姥の面を掛け淡い茶色の入る白装束で、月の妖精と化した清ら
      かな出立ちである。老体ながら老いぼれ感は無く、銕之丞の身体はしゃきっとして
      不自然さも無い。
      見どころの昔を偲ぶ「太鼓序之舞」も、ゆったりと大きく舞って見事であった。
                            (平成24年7月1日 記)
     


       (その1-5)

        香川靖嗣の「伯母捨」

      喜多流の「伯母捨」は、故 粟谷菊生師 (当時72歳) により平成6年復曲上演 (流儀
      では180年振り) された。爾来、大島久見、友枝昭世、高林白牛口二の各師が演じ
      てきた。
      香川靖嗣 (68歳) は派手さの無い芸風だが、技巧的にも優れた能役者で、舞台上に
      独特な雰囲気を創り出す。
      ワキは人間国宝の 宝生 閑 (78歳) だが、病み上がりで艶やかな名調子:閑節 には
      ほど遠かった。アイは人間国宝の 山本東次郎 (75歳)、前場と後場の変容を暗示さ
      せる重厚な語りであった。
      靖嗣の謡はクセのない柔らかい響き、細やかな所作や舞を丁寧に演じて、品のよい
      老女を表現した。
      囃子と地謡が豊かにシテを盛り立てた。一噌仙幸の笛が冴え冴えとした月の光を、
      柿原崇志の大鼓が鋭い夜気を、大倉源次郎の小鼓が円やかな幽光を、そして、
      観世元伯の太鼓に、夜遊の舞の小気味良いリズムを感じて心地よかった。
                            (平成25年4月8日 記)



10年10カ月 | 08:20:05

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。