■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
  能楽界の世代交代

 近時、能楽界の長老と言われる方達が、相次いで鬼籍に入られた。
 私が能楽を観始めたのが、平成16年 (2004年) 1月で、丸々12年を
 過ぎましたが、この間亡くなられた能楽師は60名を超えております。

 主な方を、亡くなられた年代順に書き上げてみました。私は、殆どの
 方を舞台上で拝見いたしております。(敬称は略します)

  橋岡 久馬(観世流シテ方)  H16.3.21  享年 81
  野村万之丞(和泉流狂言方)  H16.6.10  享年 44

  和泉昭太郎(高安流ワキ方)  H18.2.22  享年 61
  鵜澤 速雄(大倉流小鼓方)  H18.8.22  享年 68
  粟谷 菊生(喜多流シテ方)  H18.10.11  享年 83

  観世 榮夫(観世流シテ方)  H19.6.8   享年 79
  和田宗二朗(高安流ワキ方)  H19.10.29  享年 87
  野村又三郎(和泉流狂言方)  H19.12.12  享年 86

  中森 晶三(観世流シテ方)  H20.2.8   享年 79
  藤田大五郎(一噌流笛方)   H20.11.15  享年 92

  浦田 保利(観世流シテ方)  H21.4.23  享年 79
  三島  卓(金春流太鼓方)  H21.6.6   享年 36
  佐野  萌(宝生流シテ方)  H21.9.28  享年 81
 
  村瀬  純(福王流ワキ方)  H22.1.9   享年 59
  宝生 英照(宝生流シテ方)  H22.4.17  享年 52
  山本 則直(大蔵流狂言方)  H22.4.23  享年 71
  関根 祥人(観世流シテ方)  H22.6.22  享年 50
  金春 信高(金春流シテ方)  H22.8.7   享年 90
  片山慶次郎(観世流シテ方)  H22.8.17  享年 77
  野村万之介(和泉流狂言方)  H22.12.25  享年 71
  茂山忠三郎(大蔵流狂言方)  H23.8.20  享年 83
  茂山千之丞(大蔵流狂言方)  H22.12.4  享年 87
  寺井 良雄(宝生流シテ方)  H22.12.30  享年 69
 
  長沼 範夫(観世流シテ方)  H23.12.31  享年 53

  渡邊容之助(宝生流シテ方)  H24.4.2   享年 80
  北村  治(大倉流小鼓方)  H24.7.31  享年 75
  山本  孝(大倉流大鼓方)  H24.10.9  享年 76

  谷口 正喜(石井流大鼓方)  H25.3.20  享年 86
  茂山 千作(大蔵流狂言方)  H25.5.23  享年 93
  渡辺 三郎(宝生流シテ方)  H25.7.24  享年 95
  筧  鉱一(大倉流大鼓方)  H25.8.30  享年 82
  足立 禮子(観世流シテ方)  H25.9.30  享年 88
  井上 嘉介(観世流シテ方)  H25.12.22  享年 86

  大江 照夫(金春流太鼓方)  H26.1.6   享年 80
  杉浦元三郎(観世流シテ方)  H26.1.14  享年 79
  鵜澤 郁雄(観世流シテ方)  H26.1.17  享年 73
  金春惣右衛門(金春流太鼓方) H26.3.11  享年 89
  豊嶋 訓三(金剛流シテ方)  H26.5.9   享年 82
  遠藤 六郎(観世流シテ方)  H26.5.20  享年 87
  幸  正悟(幸流小鼓方)   H26.8.24  享年 73
  水上 輝和(宝生流シテ方)  H26.10.30  享年 71
  金春 国和(金春流太鼓方)  H26.12.11  享年 57

  片山 幽雪(観世流シテ方)  H27.1.13  享年 84
  近藤乾之助(宝生流シテ方)  H27.5.1   享年 87
  今井 泰男(宝生流シテ方)  H27.10.28  享年 94
  曽和 博朗(幸流小鼓方)   H27.12.2  享年 90

  宝生  閑(宝生流ワキ方)  H28.2.1   享年 81
  石井仁兵衛(石井流大鼓方)  H28.2.1   享年 80
  三川  泉(宝生流シテ方)  H28.2.13  享年 94
  観世 豊純(観世流小鼓方)  H28.2.18  享年 81
  喜多六平太(喜多流シテ方)  H28.2.21  享年 91


 この中で人間国宝は、粟谷菊生、藤田大五郎、北村 治、茂山千作、
 金春惣右衛門、片山幽雪、曽和博朗、宝生 閑、三川 泉の9師です。

 この世にはもう居ない、もう舞台を拝見することは出来ないと思う
 と、悲しみが倍加します。中でも、私にとって衝撃だったのは、
 関根祥人師の急死でした。今でも、信じられない気持ちです。
 もう一つ、金春惣右衛門師と9ヶ月後に逝った、子息 金春国和師の
 無念です。

 長老方の死は、良い意味で捉えれば、世代交代の絶好機だと思われ
 ます。後を継ぐ能楽師が、先人・名手達に追い着き追い抜く気概で、
 舞台を勤めて欲しいと願っています。







雑亊記 | 19:40:35

FC2Ad