「一字 一句」
   
04 | 2015/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「俳 句」

「俳 句」作句開始

 今年5月5日 76歳の誕生日を期して、俳句作りに取り組むことにした。俳句は、高校時代
 から興味はあったが、ここまで実作はない。
 実は家内が、NHKの俳句教室に挑戦したが、中途で挫折してしまったので、私が挑戦する
 ことにした。しかし、NHKの講座は受講しない。
 当面は独学で、俳人 藤田湘子 (故人) の入門書を手がかりに、俳句作りを開始した。とにかく、
 「実作を反復せよ」、そして「推敲を重ねよ」という教えなので、着実に実行して行こうと
 思っている。
 更に、「作句を休まず続けよ」「1カ月三十句は作れ」「鑑賞書・句集を読み、視野を広め
 鑑賞眼を高めよ」「俳句専門誌を講読、投書欄に応募して実技を磨け」とある。
 やってみよう。



能・狂言面展のご案内

 現代能面打の第一人者 岩崎久人師が、古稀70歳を記念して個展を開催する。

 「岩崎久人古稀記念 能・狂言面展」

  会 期  平成27年7月1日 (水) 〜 6日 (月)
        午前10時30分 〜 午後6時00分(最終日 午後4時終了)
  会 場  田中八重洲画廊
        田中八重洲ビル1F(JR東京駅 八重洲北口 徒歩3分)
        東京都中央区八重洲 1−5−15 TEL 03-3273-6208
 
 今回の個展を記念して、『岩崎久人古稀記念 能・狂言面集』を制作する。
 なお、この「能・狂言面集」には、200点余の作品が収録されている。




6月の能楽鑑賞

 5月の能楽鑑賞、17日 (日) 1時半始め国立能楽堂で、第三十回記念テアトル・ノウ東京公演。主宰者
 の 味方 玄 (観世流) が、「三輪」白式神神楽を舞う。30日 (土) は、1時始め国立能楽堂で高野山開創
 1200年記念公演で、金剛永謹 (金剛流宗家) の「高野物狂」が上演される。

 6月は、諸事情あって30日 (火) の「久習会」1公演のみ。「殺生石」を、宮内美樹 (観世流) が舞う。

 「新作能狂言面・能絵画展」(グループ展:豊橋美術博物館) は、5月19日 (火)〜24日 (日)。油絵2点
 を出品するので、飾付けや会場当番などで 18・19日、最終日 24日も豊橋へ。

 6月中旬には、米国に住む孫達が来日するので忙しない。体調は波があるが、まずまずである。





最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード