■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観世能楽堂さよなら公演

 渋谷区松涛の観世能楽堂が、2年後の 2017年東京銀座に移転する。現能楽堂は、本日3月末日を以て
 閉場となる。1972年4月に開場して、43年の長い歳月が流れた。
 私の能楽鑑賞暦11年余の内、観世能楽堂には261回足を運んだ。鑑賞公演数、通算 1,298回の20%に
 当る。それだけに、ひとしお寂しい感じがする。
 この度、「観世能楽堂さよなら公演」が4日間に渡り (3/27〜30) 開催された。私は、最終日の公演を
 鑑賞した。


 「 翁 」 観世清和  三番叟 野村万蔵  千歳 観世三郎太  面箱 野村虎之介
      頭取 大倉源次郎 脇鼓 清水皓祐・鵜澤洋太郎  亀井広忠 一噌隆之

 「鶴 亀」 シテ 観世芳伸 鶴 下平克宏 亀 大松洋一  ワキ 工藤和哉 則久英志・御厨誠吾
      囃子方 一噌隆之・大倉源次郎・亀井広忠・小寺佐七
      地謡 角寛次朗・観世恭秀・岡久広・浅見重好
         角幸二郎・清水義也・坂口貴信・林宗一郎
      後見 山階彌右衛門・上田公威

 「猩 々」シテ 関根祥六  ワキ 宝生欣哉
      囃子方 一噌仙幸・観世新九郎・亀井忠雄・三島元太郎
      地謡 谷村一太郎・高橋弘 ・林喜右衛門・上野朝義
         武田尚浩・井上裕久・山本章弘・大西礼久
      後見 野村四郎・寺井栄

 「福の神」(狂言)  シテ 野村萬 アド 能村晶人・野村太一郎

   仕舞11番・独吟1番
     主なもの 「錦 木」金春安明 (金春流)  「八 島」友枝昭世 (喜多流)

 宗家の翁は、気品があり清々しいものであった。だが、お疲れのためか少々躯の切れを欠いた。千歳
 の 三郎太は、もう少しスピード感が欲しい。三番叟の 万蔵は、精気があって頗るよかった。
 芳伸の皇帝は、威厳があり相応の風格もあった。鶴 克宏・亀 洋一の、相舞 (中之舞) がよかった。
 御大 祥六の猩々は、大きな存在感があり、さよなら公演の大とりに相応しい舞台となった。

 終演後、能楽堂前で宗家のご挨拶と鏡割りがあり、43年間の公演舞台の幕が降りた。




スポンサーサイト
観能記 | 14:58:02
2月・3月の能楽鑑賞

 2月と3月の能楽鑑賞は、3月30日 (月) の「観世能楽堂さよなら公演」最終日を入れて、5公演
  (能・16番、狂言5番)である。
 
 お彼岸が過ぎ桜の開花宣言があってからは、暖かい好天が続く。私の体調も、次第に良くなってきた。
 4〜6月の観能予定は必ずしも多くないが、精々能楽堂に足を運ぼうと思っている。
 
 取り敢えず4月は、4日 (土) 「香川靖嗣の會」、9日 (木) 「萬歳楽座」、25日 (土) 「中村昌弘の会」
 の3公演を予定している。





雑亊記 | 07:51:58
能楽鑑賞

  昨年10月26日の能楽鑑賞を最後に、11月10日付でブログ「能 観たまんま」の〈能楽鑑賞記録と
  感想〉を閉鎖した。体調不良が理由だが、その後4カ月が経過した。未だに復調出来ず、苦労して
  いる。

  この間の能楽鑑賞は、9公演 (能:19番、狂言8番) のみである。残念であるが仕方がない。
  これらの観賞記録と感想は、手控えとして引続き綴っている。が、本ブログ上に記述することは
  ない。

  暖かくなって、能楽堂通いが実現するよう願っている。





雑亊記 | 20:38:45

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。